メンズのビジネスシーンにリュックはあり?なし?

最近では、働くメンズの中でもスーツにリュックを合わせるといった方を多く見かけるようになりました。ビジネスシーンにリュックというのは浸透しつつあるようですが、ビジネスシーンとリュックの組み合わせはありなのでしょうか?それともなしなのでしょうか?

・業界によってはあり!

ビジネスシーンといっても業界によって雰囲気というのはまったく違ってきます。そのため、働くメンズの業界によってはビジネスシーンでもリュックはありと言えるでしょう。アパレル関係やマスコミ関係、IT系などはファッションに関しては自由度が高い傾向にありますし、職業柄リュックを使っている方も多いです。

逆に金融関係などのお堅い業界では、リュックは敬遠されるかもしれません。同業者がリュックを使っているかを事前にチェックしておいたほうがいいでしょう。ちなみに、通勤や退勤のみリュックで、それ以外は別のカバンを使うというのもひとつの使い分けです。

・商談や営業ではなし!

メンズのビジネスシーンでも活躍しているリュックなのですが、リュックというのはやはりカジュアルなイメージが拭えません。そのため、フォーマルな場ではリュックというのは適さないのです。ビジネスシーンでいえば、商談や営業などがあたります。

商談にしても営業にしても、相手に与えるイメージというものが重要になってきます。もちろん、リュックのイメージそのものが悪いというわけではなく、場合によっては「TPOをわきまえることのできない人」という印象を与えてしまう可能性があるのです。ビジネスシーンでリュックを使う際には、こういったところに注意しておきましょう。

・ビジネスシーンで使うならシンプルなものを!

先でもお話ししましたように、メンズのビジネスシーンでのリュック事情というのは業界にもよりますし、その場の雰囲気によっても違ってきます。そういったものを考慮した上で、リュックを使っていきましょう。

ただ、だからといってどんなリュックでもいいというわけではありません。あくまでもビジネスシーンになりますので、黒やグレーなどの落ち着いた色味のものにしておきましょう。もちろん、装飾なども目立たないようになっているのがベストです。それでいてスマートに見えるリュックを選びたいものです

関連記事

  1. メンズファッションでリュックをオシャレに取り入れる方法

  2. メンズがビジネスで使うリュックを選ぶならスーツや体に負担のかからないも…

  3. メンズがビジネスシーンでリュックを使うメリットとデメリット

  4. メンズがビジネスシーンで使うリュックを選ぶなら収納に注目!